当内容は、国や行政の情報や要請がアップデートされた場合、随時更新していきます。
あくまで「現時点」でのものであること、を含みおきください。

---2021/1/8 11:50時点

「通常通り営業します」

緊急事態宣言が発出されましたが、写真スタジオは自粛要請の対象となっておりませんので、通常通り営業します。
キャンセルポリシーも規約に従います。

---2021/1/7 13:00時点

「通常通り営業します」

自粛要請の対象業種に入っていないため、通常通り営業します。
キャンセルポリシーも規約に従います。

---2021/1/4 12:50時点

「通常通り営業します」

緊急事態宣言は、強制力を伴うものではありません。
また、現時点では時短要請が飲食店に出ているのみで、他の業種に対しては何もアナウンスがございません。
そのため、当スタジオは自粛要請や法的拘束力を受けていないことを鑑み、通常通り営業いたします。

・今後緊急事態宣言が発令された場合
法的根拠がないため、通常とおりの営業をします。

・営業する根拠
1) 法的拘束力を受けていないこと。
2) 国ないし都からの自粛要請ならびに補償を受けていないこと。
3) 貸切スタジオであり、シェアスタジオのように不特定多数の出入りがなく、
利用者の中に感染者ないし感染者と疑われる方の利用がなければ、スタジオとして問題なく機能するため。

・リスケジュールとキャンセルについて
規約に記載のルールに従います。

6条について、「緊急事態宣言が発出されること」=「止むを得ない事情」には、該当しない認識です。

・新型コロナ特措法が施行された場合
法律に従います。
現時点で国が検討している段階であり、内容が示されておりませんので、お客様に対しても説明ができない状態です。

・当スタジオが現在独自に検討していること
「自粛要請と補償がセットであること」
を前提として、当スタジオを含む事業者に対して自粛要請が出された場合、

a) 3ヶ月以内に1度のリスケジュール
b) 通常のキャンセル処理

のいずれかを選択いただく方針とします。

これは、昨年4月7日の東京都から自粛要請を受けた時と同様の対応でございます。

以上---

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事